urg_c repository

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version ros2-devel
Last Updated 2020-06-10
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.4001

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version ros2-devel
Last Updated 2020-06-10
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.4001

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version ros2-devel
Last Updated 2020-06-10
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.4001

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.

Repository Summary

Checkout URI https://github.com/ros-drivers/urg_c.git
VCS Type git
VCS Version master
Last Updated 2020-06-07
Dev Status MAINTAINED
CI status No Continuous Integration
Released RELEASED
Package Tags No category tags.
Contributing Help Wanted (0)
Good First Issues (0)
Pull Requests to Review (0)

Packages

Name Version
urg_c 1.0.405

README

URG C Library

About this software:
  This software have been developed to provide a library to use
  scanning range sensors of Hokuyo Automatic Corporation.  Samples
  will help to know how to use them.

Authors:
  Satofumi Kamimura <satofumi@users.sourceforge.net> Design and implementation of the first version.
  Katsumi Kimoto

License:
  Simplified BSD License.
  See COPYRIGHT file.


Mailing list:
  urgwidget-users@lists.sourceforge.net


Library usage:

Visual Studio Solution (Windows)

  urg_library-X.X.X/visual_cpp/urg.sln をビルドします。

  ビルド後は、urg.lib のスタティックライブラリと各サンプルの
  実行ファイルが生成されています。



Visual Studio bat compile (Windows)

*以下の作業はコマンドプロンプト上で行ってください*

  1. 環境変数を設定するために Visual Studio が提供している bat ファイルを
     コピーします。

  Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\vsvars32.bat を
  urgwidget\current\windowsexeにコピーする。


  2. 環境変数を設定後、コンパイル用のbatファイルを実行する。

  urgwidget\current\windowsexe\vsvars32.batを実行し
  urgwidget\current\windowsexe\compile.batを実行する。


  3. 生成されたサンプルの実行ファイルを動かす。

  urgwidget\current\windowsexeに生成されるexeを実行する。


  4. 生成されたサンプルの実行ファイルを削除する。

  urgwidget\current\windowsexe\cleanobj.batを実行し
  生成された実行ファイルを削除する。


gcc (Linux, MinGW)

  必要ならば urg_library-X.X.X/Makefile の PREFIX を編集して
  インストール先を変更します。

  !!! 現状こうなっているので、他の場所にしたければ、変更して下さい。
PREFIX = /usr/local
#PREFIX = /mingw

  コンパイルとインストールを行います。

  % make
  # make install

  ライブラリの使い方は、urg-library-X.X.X/samples/ 中の Makefile をご覧下さい。

  !!! ライブラリの使い方は、もう少しちゃんと書きたい。


CONTRIBUTING

No CONTRIBUTING.md found.